タイ古式マッサージとは

タイ古式マッサージとは

起源

タイでタイ古式マッサージは東洋医学に基づく伝統医学です。
その起源は2500年前のインドで、創始者は『シヴァカ・コマラパ』という仏教僧集団(サンガ)の筆頭医師であると言われています。シヴァカは北インドのビンビサーラ王に仕え、ブッダとも親密な交流があった人物です。このサンガは多種多様なスタイルで治療を施しており、現代でも注目されているミネラルやハーブなどの薬草が持つ癒しの力についても後世に伝えています。2500年の月日が流れた今でも、タイではシヴァカを『医学の父』呼び敬っています。 タイ古式マッサージとは

シヴァカ・コマラパの筆頭医師

歴史

仏教僧がインドからタイへ移ってきたことに伴いインドの医学がタイに導入され、タイ独自の伝統医学として更なる発展をとげ伝承されてきました。
ですが、1767年ビルマ軍による侵略でアユタヤ王朝は壊滅。古い医学書や重要な教義、公式記録などすべて失われてしまいました。わずかに残った医学書を頼りにその内容を石に刻み、その石碑は現在でもバンコクのワット・ポー敷地内の壁にはめ込まれており参拝客は自由に見学することができます。
タイ伝統医学には、薬草学・栄養学・精神的修養・手技療法の4つの分野があります。
手技療法つまりマッサージを【ヌアット・ボーラン】と言い、「古代の聖なる手技療法」と名付け現代においてもタイ古式マッサージとして受け継がれています。

考え方

タイ古式マッサージimg

人体には『セン』と呼ばれる目に見えない経絡(エネルギーライン)が72,000本あり、その『セン』を『プラーナ』と呼ばれる生命維持に必要なエネルギーが流れていると考えられています。タイ古式マッサージでは『セン』を刺激することでリンパ・血液の流れが良くなり、各器官の働きが正常化し自然治癒力が強まることで免疫力が高まります。 『セン』の中でも特に重要度の高い10本の『セン』を中心に施術を行いますが、そのうち6本は足裏から足の付け根にかけて集中しています。そのため、タイ古式マッサージはどんな症状の方にも足から施術をスタートします。患部だけを施術するのではなく、全身の流れを良くすることで本来の体調を取り戻していくのです。

手法

指圧・ほぐし・整体・矯正・ストレッチと豊富な手法で、足の先から頭のてっぺんまでマッサージしていきます。特に様々な形のストレッチは他のマッサージにない手法で、「二人でするヨガ」「なまけもののヨガ」と呼ばれています。 また、指や掌だけでなく、足・肘・膝など体のあらゆる部分を使った技法があります。 ゆったりとしたリズムで圧をかけることにより、自律神経のバランスを整え心身ともに深いリラックス状態へ導いていきます。

タイ古式マッサージimg

 

ご予約お問い合わせはこちら

まずはお気軽に電話からご予約ください。『ザ・ファーストサロンです。』とスタッフが電話に出ますので『ホームページを見て予約したいのですが』とお伝えいただき、お悩みの症状や希望のメニューをお伝えください。

ご来院をお待ちしております。

tel:0963704151

LINE

住所 〒860-0834
熊本県熊本市南区江越2丁目2−20
営業時間 10:00~20:00
定休日 木曜日

Google Map